toggle

Blogブログ

【ワインを楽しみながら白い歯を守るコツ】

こんにちは^ ^

ホワイトニングサロン名古屋栄本店です!

 

 

外で赤ワインを飲むとき、歯が黄色くなるのを気にされている人は多いのではないでしょうか?

少しずつステインが蓄積されていくことを気にする人もいると思います。

今回は、そんなワインを楽しみながら白い歯を守る5つのコツをご紹介致します。

 

 

◎ワインを飲む前に歯を磨く

 

フッ素が入った歯磨き粉には、歯をコーティングする作用があると言われています。

ワインを飲む前だけではなく、普段からフッ素入りの歯磨き粉を使うといいでしょう。

 

 

◎水を飲む

 

ワインを飲みながら水を飲むことによって、ワインの酸性を和らげてくれる効果があると言われています。

ワインの着色を防ぐ効果があるので、是非ワインを飲む際はお水も一緒に飲んでみてください。

 

 

◎一緒に頼む食事を気をつける

 

ワインを飲み続けて、酸性になった口の中を中和する方法として

口の中をアルカリ性にしてくれる食べ物を一緒に摂ることがオススメです。

ワインと相性バツグンのチーズは口の中をアルカリ性にしてくれる効果もある為、一緒に食べると着色予防になります。

また、ステインの原因となるタンニンも歯にはよくないので

まめにバケットなどを食べるようにすると

固い部分をかじる時に、歯や舌のステインをこそぎ落としてくれるのでオススメです。

 

 

◎白ワインから入らない

 

実は赤ワインよりも、酸性が強いのが白ワインです。

白ワインから飲み始める習慣のある人は、白ワインを飛ばしてしまった方が歯のためにはいいとされています。

 

 

◎ワインを飲んだ直後の歯磨きはNG!

 

歯のケアをしっかりしている人ほど、食後すぐに歯磨きをしたくなるかもしれませんが

ワインを飲んだ直後は特にタンニンや酸の影響で歯が柔らかくなっているので

すぐに磨くのは実はNGです!××

食後は水でしっかりうがいをしておいて、一時間ほど経ってから歯を磨くようにするのが良いとされています。

歯間ブラシやデンタルフロス、舌ブラシなどを使って

歯と歯の間や舌を綺麗にすることもお忘れなく!

 

 

このようにワインを飲んでも白い歯をキープするコツはたくさんあるので

ワイン好きの方は是非今日から実践してみてくださいね

 

歯を簡単に白くしたいならホワイトニングが一番オススメです。

是非一度当店へお試しケアでご来店くださいませ( ^ω^ )

 

 

ご予約はこちらから

 

ライン @klb5910y

 

 

お電話はこちらから

 

0522658562