toggle

Blogブログ

【歯列接触というものをご存知ですか?】

こんにちは!

 

名古屋ホワイトニングサロン栄本店です☆

 

 

 

歯列接触という言葉を聞いたことはありますか?

 

これは「噛み続け癖」とも言われるもので、

不必要に上下の歯を接触させてしまう状態のことをいいます。

歯ぎしりや、歯を食いしばる癖とは違い、

無意識に上下の歯を噛み合わせて触れさせ続けてしまうというものです。

 

健康な方は、通常歯列間に1~3ミリの隙間があり、

上下の歯が接触するのは会話や食事のときなどの平均1日20分以下だと言われています。

 

 

歯列接触の原因として考えられるのは、

スマホやパソコンの操作に集中しすぎることや、うつむいた状態での操作、

また、ストレスや緊張している時に歯の接触する機会が増えると考えられています。

 

 

上下の歯を接触させ続ける癖がついてしまうと、

顎関節に長時間力がかかり、口の筋肉が緊張状態になっているため、疲労がたまっていきます。

そのため、顎関節症の発症や悪化につながってしまう可能性が高くなっていくのです。

 

 

 

 

 

 

歯列接触をほったらかしにしていると、

頭痛、肩こり、腰痛、顎の痛み、耳鳴り、めまい、息苦しさなどの様々な不調が起こります。

 

歯列接触かも、と感じた方はまず日常生活の中で上下の歯を離す意識をすることが大切です。

様々な症状を引き起こしてしまう前に、気になる方は歯科医に相談してみましょう。

 

 

当店のご予約はこちらから

 

@klb5910y

 

 

 

お電話からもどうぞ!

 

052-265-8562