toggle

Blogブログ

【歯が黄ばんでしまう原因】

こんにちは!

 

名古屋ホワイトニングサロン栄本店です☆

 

 

誰でも一度は気にしたことのある歯の黄ばみですが、

なぜ歯に着色がついてしまうのかご存知ですか?

 

中には生まれつき歯が黄ばみがかっている方もいるのですが、

後天的に歯が黄色く変色してしまう原因はいくつかあります。

 

 

まず一つ目に、食べ物による着色です。

歯の着色汚れのことをステインと呼びますが、

食べ物にはステインを生じさせやすいものがあるのです。

 

タンニンやポリフェノール、アントシアニン、カテキン、香辛料、イソフラボンなど

日常的に摂取している食材にこれだけステインを発生させるものが使用されているのです!

 

 

食事以外にも、加齢やタバコによるヤニなど様々な原因がありますが

一番手軽に気をつけることができるのが食事ですよね。

色の濃いものや、歯に着色しやすいものを食べた際、うがいをするだけでも着色は抑えることが出来ます。

 

 

歯の黄ばみが気になる方には、ホワイトニングもオススメです!

名古屋ホワイトニングサロン栄本店のホワイトニングは食事制限などは一切しておりませんので、

食べたいものや飲みたいものを我慢するストレスなく歯を白くしていただけます。

 

我慢するストレスなく歯を綺麗にできるホワイトニングを試してみませんか?

 

ご予約お待ちしております♪

 

 

ご予約はこちらから

 

@klb5910y

 

 

お電話からもどうぞ!

 

052-265-8562