toggle

Blogブログ

【黒い歯石を放置すると危険!?】

 

こんにちは^^

 

名古屋ホワイトニングサロン栄本店です!

 

 

黒い歯石があるな・・と感じている方はいませんか?

歯石とは、歯垢が唾液やカルシウムやリンと結びつき、白く石灰化したものです。

歯石が付着していると歯垢が溜まりやすくなります。

 

白い歯石は、歯茎の上の目にできることから歯肉緑上歯石とも呼ばれています。

では、どうして白い歯石が黒くなるのでしょうか?

 

黒い歯石の正体は、歯垢に血液が混ざったものです。

血液中の赤血球が含まれていて黒くみえます。

当然、出血する人ほど黒い歯石がつきやすいものです。

また、歯茎から出血する場合の原因の90%は歯周病と言われています。

 

 

 

 

黒い歯石は、歯茎から出血が起こりやすい歯周ポケットにできます。

さらに黒い歯石は口臭を引き起こすとも言われています。

黒い歯石を放置すると、歯を支える骨が溶かされてグラグラするようになります。

最終的には歯を失うことにもなるのです。

 

黒い歯石を取るためには、スケーリング・フラップ手術が必要となります。

まずは定期的な受診がオススメですね。

 

ご自身で出来ることは、正しい歯磨きをする。

そして1ヶ月に1回は歯ブラシを交換することです。

皆さんも是非取り入れてみて下さい^^♪

 

歯石除去と併用して、ホワイトニングすることにより、より綺麗な歯を手に入れることも出来ます。

 

 

 

 

ホワイトニングに関しては、是非当店をご予約下さいませ☆

TEL → 052-265-8562

LINE → @klb5910y