toggle

Blogブログ

【知覚過敏の治療法】

こんにちは^^

名古屋ホワイトニングサロン栄本店です!

 

 

皆様は知覚過敏って聞いた事ありますか?

 

 

知覚過敏とは、特に虫歯になっている訳でもないのに

冷たい水を飲んだり、うがいをしたりした時に

しみたり、キーンとしてしまうような状態のことを言います。

 

他にも歯磨き、甘いもの、果物などでも痛む時があり、このような状態を知覚過敏と言います。

 

何故しみるかというと、歯茎がやせたり、歯の根の部分がちびたりすると

外と歯の神経までの距離が近くなり、外からの刺激が伝わりやすくなります。

 

その為、ちょっとした刺激でも歯の神経が反応するようになります。

それ以外でも歯茎に炎症を生じたり、無理な荷重(歯ぎしりなど)が歯に加わったりして

歯の神経が弱った時にも知覚過敏の状態になります。

 

 

では治療法はあるの?

 

 

・しみている部分を清潔に保つ

 

痛いからといって歯磨きをせずに不衛生にしておくと

歯茎が炎症を起こし、更に神経が過敏になります。

清潔にしておくと、唾液中のカルシウムが歯に取り込まれ、硬くなり、刺激が伝わりにくくなります。

 

・お薬を塗ったり、高周波を当てる

 

歯科医院でしみ止めのお薬を塗って、刺激が伝わりにくくしたり

高周波を当てたりすることで、過敏になっている神経を鎮静させます。

 

・フッ素のうがいをする

 

フッ素でのうがいを続けると、フッ素が歯に取り込まれ

硬くなり、刺激が伝わりにくくなります。

 

・知覚過敏専用の歯磨き粉を使用する

 

知覚過敏用の歯磨き剤(シュミテクトF)をお勧め致します。

こちらは、ネットやスーパーなどでも売っています。

フッ素も入っているので、虫歯予防にも効果的です。

歯ブラシの力を抜いて、軽くお薬をすり込むようにして磨くのがコツです。

 

・噛み合わせを調整する

 

噛み合わせの関係で歯に過剰な力がかかっている時は、症状が治まりにくくなります。

その場合は、強く当たっているところを削り、力を弱めるようにします。

 

このように、知覚過敏の方でも治療法はいくつかあるので

現在知覚過敏でお悩みの方は是非参考にしてみてくださいね。

 

当店のホワイトニングは知覚過敏の方もたくさんご来店してくださっております。

知覚過敏が酷い方には照射のパワーを調整することも可能ですので

初回カウンセリングの際にお気軽にご相談ください。

 

 

痛みなく、歯を白くしたい方

名古屋ホワイトニングサロン栄本店へのお越しをお待ちしております(^o^)/

 

 

ご予約はこちらから☆☆

 

ライン @klb5910y

 

 

お電話はこちらから☆☆

 

0522658562