toggle

Blogブログ

【歯と糖尿病のかかわり】

 

皆さんこんばんは。

 

ホワイトニングサロン栄本店です!

 

”歯は大切”という言葉はよく耳にしますが

 

具体的にどう大切なのでしょうか?

 

歯があると硬いものを噛み砕くことができますし

 

あると便利なのは間違いないのですが

 

歯と生活習慣病である”糖尿病”はとても密接な関係なんです。

 

糖尿病は《インスリンの作用不足によって慢性高血糖をきたす疾患》です。

インスリンの働きが鈍ることで高血糖が続き、最終的に尿に糖に排泄されるため

糖尿病と呼ばれます。

 

糖尿病には合併症が伴います。

目の病気、神経の障害、腎臓の病気、、等ある中で”6番目の合併症”と呼ばれているのが

歯周病です!!!

 

糖尿病になると歯周病になりやすくなり、

 

歯周病になると内毒素ができ、この内毒素がインスリンの働きを弱めてしまうのです。

 

負のリサイタルですね。。

 

逆に言えば歯周病をよくすれば糖尿病も少し改善されるのです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

次回は歯周病についてもっと書いていきたいと思います。

 

 

歯周病のケアとともにホワイトニングはじめてみませんか?

 

ご予約はこちらから

 

052-265-8562