toggle

Blogブログ

【キシリトールで虫歯予防】

みなさんこんにちは☆

ホワイトニングサロン栄本店です!!

 

キシリトールを始めとする糖アルコールは、むし歯の原因になりません。

糖アルコールからは、口の中で歯を溶かすほどの酸は作られないからです。

 

キシリトールは甘みが強いので、その甘味により唾液も出やすくなります。

 

酸を作らないこと、そして唾液の分泌を刺激して酸を中和することが、キシリトールがむし歯の原因にならない理由です。
キシリトールには、「むし歯の発生や進行を防ぐ」という、他の糖アルコールにはない特徴的な効果があります。

 

 

キシリトールをガムやタブレットの形で一定期間以上口の中に入れると、むし歯の原因となる歯垢が付きにくくなるだけでなく、歯を固くします。

さらにむし歯の大きな原因であるミュータンス菌の活動を弱める働きも持っています。

 

なので口が寂しくなったときは、スナック菓子やチョコレートを食べるのではなく、

ガムを噛むことで、虫歯予防にもつながり歯を健康に保つことができます。

 

 

 

 

 

 

当店のご予約はこちらから

052-265-8562