toggle

Blogブログ

【冷たいものがしみる!知覚過敏の原因】

こんばんは!
ホワイトニングサロン栄本店です。

 

皆さん冷たいものを食べた時歯がキーンとしみる経験はありませんか?

 

「冷たいものが歯にしみる」=「知覚過敏」の可能性があります。

 

この知覚過敏はなぜなってしまうのがご説明させて頂きます。

 

 

 

「虫歯以外で歯がしみる原因」

 

 

①歯ぎしりによる歯のすり減り

歯ぎしりは意識がなくとも睡眠中にしている方多くいらっしゃいます。
歯ぎしりをすると歯がすり減り小さくなっていきます。
そして神経との距離が近くなる分冷たいものがしみると感じます。
②根元の歯のすり減り
歯ぎしりや日頃の過度な歯磨きにより
歯茎近くの歯が削れることがあります。
こちらも①同様、神経と近くなるためしみるように感じます。
③歯のひび割れ
歯ぎしりだけではなく食いしばりなど過度に加わる力によって歯がひび割れる事もあります。
このひびの大きさにより冷たいものの刺激が伝わりやすくなるため『知覚過敏』だと感じられる方もいます。
 
 
このように歯がしみる原因は様々ですが当店は知覚過敏をお持ちの方でもケアして頂いてます
 
従来のホワイトニングのイメージは
「しみる」「高い」「歯にダメージがある」
といったマイナスなものが多く、初めてご来店される方は最初は不安に思う方がほとんどですがお客様にあったケア方法で皆様に効果も実感して頂きながらも安心してケアしていただいております。
知覚過敏やマイナスイメージだけで諦めていたホワイトニング初めてみませんか?
ご予約、お問い合わせお待ちしております♪
TEL  052-265-8562
LINE@  klb5910y